箱好き猫と、アラビアファクトリー閉鎖。

Category : diary
今日は、
久しぶりの2連休。

朝、ダーリンの朝ごはんを作って道場に送り出した後は、
疲れていたので二度寝したりベッドで本を読んだり、
グータラと過ごしました。

気持ち良く寝ていた頃、
ピンポーンと宅配便が。

中身はダーリンの本でしたが、
箱を開けた瞬間、すかさず入るこのお方。



箱に入ったまま、
ダーリンに運ばれています…

箱と言う箱には、
入らずにはいられないのよね。



気の済むまでまったりしていたので、
箱を処分しようとするとまた入り…

なので、
見苦しいけれど、我が家のリビングには、
箱が1個は必ずあると言う…(笑)



余談ですが、
私の大好きなフィンランドの陶磁器メーカー、
アラビア社の工場が、来年閉鎖されると聞きました。
びっくりして色々調べると、どうも本決まりのようです。
デザインは、フィンランドで行うけれど、
製造は海外で行い、
今の工場の従業員は解雇するとの事。

Made in Finland に魅力を感じている人も多い中、
現状のプロダクツも既に海外製が多く…

なかなか今のご時世色々大変なのだと思うけれど、
最悪、会社自体が無くなってしまうのではと心配してしまいます。
(今は、既にフィスカルスが親会社だけど)



これは先日撮った写真だけど、
ここに写っているガラスのジャー以外、
全てアラビア社のヴィンテージ食器です。
(コーヒーポットも、アラビア社のエナメル製品ブランドのものです) ←流石にこれは別工場っぽいけど
いわゆる大衆文化に根付いた日用品の食器達。

シンプルで機能的でデザインも良い実用品。

これらを生み出した工場が閉鎖されるなんて、
何とも悲しい気持ちになりました。

デザインが良ければ、何処製でも売れるのかな?
私は微妙だな…
今現存するヴィンテージ達を大切に使わなければと思いました。

Comment

非公開コメント

プロフィール

豆腐屋小町

Author:豆腐屋小町
.
【豆腐屋小町】

このブログの書き手、猫達の飼い主です。
「豆腐屋小町」とは・・・
国語の教科書に載っていた小説の登場人物から、響きが面白いのでペンネームとして使っていました。
古い友人からは、未だに「豆腐屋さん」と呼ばれています。
残念ながら本人は、全然美人でも無く、豆腐屋でもありません。

【ダーリン】

我が愛しの夫です。
実家で猫を飼っていた、猫生活の先輩。
車とゲームと漫画が大好き。
(よく言えば、永遠の少年)

【NUN-NUN】

2011年、我が家にやって来た、
ベンガル猫の女の子。
私にとっては、初めての猫。
誕生日も私と同じで、運命を感じて迎える。
甘えんぼでお膝大好き。
Mayaが来てからはちょっとスネちゃまに。

【Maya】

2012年、NUN-NUNの妹としてやって来た、
ベンガル猫の女の子。
おっとりさんと思いきや、
子猫ならではの活発さで、NUN-NUNを圧倒。
将来どんな風に育つか、楽しみでもあります。

ベンガル猫 - にほんブログ村
ひっそり登録しています。
カテゴリ
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
tools