ARABIA Sunnuntai を日曜日に使う。

Category : ARABIA
今日は、
朝からダーリンはお出かけ。

神社で行う、奉納演舞(居合)の裏方をするとの事で、
朝の6時には家を出ました。
夜は、祝賀会にも出席するので、
丸一日留守です。

来年は舞台に上がる??そうなので、見に行こうと思いますが、
今日は家でゆっくりさせてもらう事にしました。

折角の日曜日に一人+二匹。

キッチンには、
硬くなった食パンが一枚…
美味しく食べる為に、フレンチトーストを作ります。



盛り付けは、
のんびり過ごす日にピッタリなお皿。

ARABIAの、
Sunnuntai (スンヌンタイ、もしくは、サンヌンタイ) のシリーズ。



Sunnuntaiって、「日曜日」と言う意味なので、
まさに今日使うべきお皿?!です。

Sunnuntaiは、
「prince of ceramics (陶芸界のプリンス)」と称される、
Birger Kaipiainen(ビルガー・カイピアイネン)のデザイン。
1971~1975年迄制作されました。

激烈に有名なのが、
Paratiisi(パラティッシ)(楽園の意味)のシリーズだけれど、
実は、Paratiisiはちょっと苦手なので、
Sunnuntaiばかり集めています。



小さいお皿は、
ソーサーなのですが、普通のお皿としても使えるので重宝しています。

花びらの枚数で、かなり印象が違います。
私は、こういう単純なかたちのお花に弱いです。
分かりやすく単純で、ポップでカラフルなものが好きです。
このシリーズも、まさに理想通り、
デフォルメの仕方が素晴らしいです。
色も、元気が出そうな山吹色。

このシリーズは無茶苦茶人気があって、
日本では高過ぎて凄い事になっています。

個人輸入では、コンディションが分かりにくいので、
手元に届く迄ドキドキなのですが…
(過去には破損もあったし…)
このシリーズは、どれもツヤピカで素晴らしいコンディションでした。



で、
出来上がり。
バターの香りに釣られてウロウロ。



お皿の下に柄があるお皿って、
食べ進めると見えて来て可愛いです。



あと、
花びらの模様だけで、赤と緑のタイプがありますが、
この黄色が一番好きです。
ParatiisiやApilaみたいに復刻してくれたら、
大人買いしてしまうだろうなって位好きです。


* * *

お昼は皿うどん。
昨日買った備前焼、使ってみました。



使いやすいサイズです。
もう一枚欲しかったなぁ(^_^;)

晩御飯は、レトルトカレー(笑)
お気に入りのお皿だと、レトルトでも美味しい…かな?!



帰って来たダーリンは、
とてもいい経験をしたと充実した一日を送ったそうで…
朝も早かったし、もう寝室へ。

NUN-NUN達は、
寄り添ってお昼寝していたくせに、
激しいバトルでドタバタ暴れ。



今日のNUN-NUNは強かった…(^◇^;)
Mayaちゃん、お耳ぺったんこ!



今は疲れて、
思い思いの場所でねんねこ中。



日付が変わるまであと1時間弱。
ゆっくり過ごすことにします…



素敵なブログが沢山あります♪
にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村

Comment

非公開コメント

プロフィール

豆腐屋小町

Author:豆腐屋小町
.
【豆腐屋小町】

このブログの書き手、猫達の飼い主です。
「豆腐屋小町」とは・・・
国語の教科書に載っていた小説の登場人物から、響きが面白いのでペンネームとして使っていました。
古い友人からは、未だに「豆腐屋さん」と呼ばれています。
残念ながら本人は、全然美人でも無く、豆腐屋でもありません。

【ダーリン】

我が愛しの夫です。
実家で猫を飼っていた、猫生活の先輩。
車とゲームと漫画が大好き。
(よく言えば、永遠の少年)

【NUN-NUN】

2011年、我が家にやって来た、
ベンガル猫の女の子。
私にとっては、初めての猫。
誕生日も私と同じで、運命を感じて迎える。
甘えんぼでお膝大好き。
Mayaが来てからはちょっとスネちゃまに。

【Maya】

2012年、NUN-NUNの妹としてやって来た、
ベンガル猫の女の子。
おっとりさんと思いきや、
子猫ならではの活発さで、NUN-NUNを圧倒。
将来どんな風に育つか、楽しみでもあります。

ベンガル猫 - にほんブログ村
ひっそり登録しています。
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
tools