軒下の子猫。

Category : diary
今日は、
ダーリンが送ってくれた写真を元に、
ブログを書きます。


ダーリンが職場の庭で、
昨年6月に、水溜まりでびしょ濡れになって震えている子猫を保護しました。



ドライヤーで身体を乾かすと、
元気になったのか、ニャーニャー母猫を呼ぶように鳴き出したそうです。
すると、軒下から猫の声が。

この子猫は、
軒下に住み着いている猫の子どもだったのです。

(ダーリンの職場の軒下には、
代々猫が住み着いていて、
近所の人からごはんをもらいながら、
自由気ままに暮らしています。)

保護した子猫は、
そっと箱に入れて地面に置くと、
母猫が首を咥えて軒下に連れて帰りました。
脱走しちゃったんですね(^_^;)

しばらくして、
また母猫が咥えて運んでいる姿を見たそうなので、
この子猫は、脱走の常習犯みたいです(^◇^;)

以前、チラッとブログに書きましたが、
母猫は、12月に職場の前の道路で引かれ、
お星さまになりました。

残された子猫達…

親は無くとも子は育つ。
野良ちゃんは逞しいです…
今は、立派になりました。



野良ちゃんの割に、
丸々とカンロクがあります(^_^;)
割と美味しいモノを食べてるからね…

毎日、
兄弟やお友達と、
職場の屋根の上や庭でコロコロしているそうです。

夜も残業しているので、
軒下は冬でも暖かく、
皆が帰った後は、床の穴から建物に忍び込んで寝ているそうです(^^)

ダーリンは、
キロっとした所がMayaちゃんに似ていると言っています。

今日は、近況報告で写真を貰ったので、
備忘録の為に書きました(^^)

今日のNUNさん。



構ってもらいたくてふみふみ中。


素敵なブログが沢山あります♪
にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村

Comment

非公開コメント

プロフィール

豆腐屋小町

Author:豆腐屋小町
.
【豆腐屋小町】

このブログの書き手、猫達の飼い主です。
「豆腐屋小町」とは・・・
国語の教科書に載っていた小説の登場人物から、響きが面白いのでペンネームとして使っていました。
古い友人からは、未だに「豆腐屋さん」と呼ばれています。
残念ながら本人は、全然美人でも無く、豆腐屋でもありません。

【ダーリン】

我が愛しの夫です。
実家で猫を飼っていた、猫生活の先輩。
車とゲームと漫画が大好き。
(よく言えば、永遠の少年)

【NUN-NUN】

2011年、我が家にやって来た、
ベンガル猫の女の子。
私にとっては、初めての猫。
誕生日も私と同じで、運命を感じて迎える。
甘えんぼでお膝大好き。
Mayaが来てからはちょっとスネちゃまに。

【Maya】

2012年、NUN-NUNの妹としてやって来た、
ベンガル猫の女の子。
おっとりさんと思いきや、
子猫ならではの活発さで、NUN-NUNを圧倒。
将来どんな風に育つか、楽しみでもあります。

ベンガル猫 - にほんブログ村
ひっそり登録しています。
カテゴリ
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
tools